専業主婦の悩み

専業主婦の悩みにはどんなものがあるのでしょうか?

専業主婦の悩みにはどんなものがあるのでしょうか?

専業主婦 悩み

専業主婦というとお気軽というイメージをお持ちの方もいるでしょうが、実際には彼女たちもさまざまな悩みを抱えながら暮らしているようです。

 

専業主婦たちは、実際にどのような問題を抱え、悩みを持っているのでしょうか?

 

家事や子育て、人間関係など・・・悩みは尽きません

結婚前にくらべて悩みが増えた、という専業主婦の方が多いようです。

 

理由はさまざまですが、これは独身時代にはあまりすることがなかった家事や子育てなどが決して楽ではないことを意味しています。

 

スポンサーリンク

 

夫に協力をしてもらいながら、これらの問題をうまく解決していく女性もいるようですが、多くの場合は「仕事をしていない専業主婦なんだから」という理由で、悩みを一人で抱え込んでしまうようです。

 

専業主婦 悩み

ただでさえ家事や子育てで忙しいのに、ご近所付き合いやママ友との付き合いといった人間関係が加われば、時間だけでなく心の余裕さえも失われてしまいます。

 

夫に相談してみても、こうした人間関係の悩みというのはあまり相手にされないことも多いようです。

 

専業主婦によっては、年老いた両親の介護や子供の将来、そして自分自身のこれからについてなど、悩みは尽きないようです。

 

これらの悩みに対して、夫や両親など誰にも頼れない場合、かなり大きな精神的な負担となってしまいます。

 

お金の問題はやはり大きなプレッシャーに

専業主婦の悩みとして一番深いのは、やはり経済的な問題でしょう。

 

多くの専業主婦たちは、夫から家計を任されることが多いようです。そのため、自分で家計簿などをつけ、日々節約を心がけて夫の収入内でやりくりをすることになります。

 

しかし昨今の不景気による影響で、夫の給料も思うように上がりません。

 

かといって夫を責めるわけにもいかず、限られた予算でどう家計をやりくりするかが悩みとなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

特に子どものいる家庭では、教育費が家計に重くのしかかり、生活するために何を切り詰めたらいいかを日々考えることになります。

 

「やっぱり自分も専業主婦をやめて、働くべきなんだろうか?」と考えるケースもあるでしょう。

 

しかし、小さな子どもがいる場合には、なかなか外に働きに出ることもできずにジレンマとなってしまいます。

 

多くの専業主婦の場合、子供の自立などで経済的な余裕は取り戻せていけるようです。

 

しかしそれまでの期間はどうしても貯金にまでお金を回すことができずに、あげくの果てに夫には「なぜお金が貯まらないのか?」などとまるで自分がムダ遣いをしているかのように言われてしまったりします。

 

外部から嫉妬やねたみを受けることも

専業主婦 悩み

専業主婦の悩みは、家庭の中だけではありません。

 

働いている主婦から見れば、専業主婦である彼女たちはとてもうらやましい存在に見えます。

 

そこに妬みやひがみといった感情が生まれ、その矛先が彼女たちに向けられることになります。

 

限られた収入の中から一生懸命やりくりしているのに「旦那さん、高給取りでいいですね」などと嫌味を言われたりすると、ショックでしょう。

 

隣の芝生は青く見えるといいますが、働く女性の中には専業主婦をよく思っていない人も少なからずいるようです。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加