専業主婦とストレス

どういったことに専業主婦はストレスを感じるのでしょうか?

専業主婦はどういったことにストレスを感じるのでしょうか?

専業主婦 ストレス

専業主婦のストレスの原因になるのは「旦那」と「子供」が主なようです。

 

専業主婦は日頃、他の人と接する機会が少ないので、どうしても身近な人にストレスを感じてしまう傾向があるようです。

 

ここでは専業・兼業主婦の方々に行ったあるアンケートの結果をもとに、彼女たちのストレスについて考えていきます。

 

旦那と子供のせいでストレスがたまる?

専業・兼業の両方の主婦に対して行われたアンケート結果によると、家庭内でもっともストレスの元となっているのは自分の旦那だそうです。

 

スポンサーリンク

 

理由はいくつかあるようですが、多かったのは「家事を手伝わない」「育児に参加しない」といったものでした。

 

専業主婦 ストレス

家事については特に兼業主婦からの意見が多いことが予想されますが、育児に関しては専業主婦の意見が多いことでしょう。

 

仕事が忙しくてなかなか家の手伝いができないのは理解しつつも、せめて子供の世話や教育については、男性にも協力して欲しいというのが本音であるようです。

 

特に土日や祝日などの夫も休日の日は、専業主婦としても一息つきたくなるでしょう。

 

彼女たちにすれば、せめて休日くらい子供の面倒を見て欲しい、というのが不満の元になっているのでしょう。

 

次に多かったストレスの原因は「子供」でした。

 

子供がまだ小さい頃にはどうしても手がかかるものです。

 

掃除や洗濯など、やらなくてはいけない仕事があるにもかかわらず、子供から目が離せない状況では思うように仕事がはかどりません。

 

そのせいで部屋が散らかったり洗い物がたまったりすると、そのことでどんどんストレスがたまってしまうことでしょう。

 

さらに、子供の夜泣きなどで睡眠不足になったりすると、ストレスを通り越して育児ノイローゼになってしまう人もいるようです。

 

スポンサーリンク

 

9割が家庭内でのストレスを感じている?

専業主婦 ストレス

 

専業と兼業の主婦に「家庭内でストレスを感じていますか?」という質問をしたところ、なんと専業の場合は9割、兼業の場合は8割が「はい」と回答をしています。

 

つまり、専業主婦の方のほとんどが家庭内でのストレスを感じやすい、ということがこの結果から読み取れます。

 

ストレスの原因で1位となったのが「旦那」であることを考えてみると、専業主婦の場合には夫からのプレッシャーや、非協力的な姿勢が、ストレスを発生させているようです。

 

兼業主婦の場合には、共働きであるという理由から、夫としてもある程度理解があり、家事の分担などをしてくれることが多いのでしょう。

 

しかし専業主婦を持つ夫の場合には「自分は外で働いているのだから家のことは妻がやるべきだ」と考える人も多いようで、それが家事や育児の不参加につながっているのでしょう。

 

美味しいものは女性の味方

ストレスの発散法についてもアンケート結果があります。

専業主婦 ストレス

 

ストレス発散法で第1位となったのは「美味しいものを食べること」だそうです。

 

そして2位はショッピングや友人たちとの交流になっています。

 

ちなみに兼業主婦の場合の1位は「美味しいものを食べること」で共通でしたが、2位は「睡眠」となっています。

 

いずれにしても、このアンケート結果から、専業主婦はお気軽でストレスもたまらないだろうと考えるのは大きな間違いだと言えそうです。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加